オーナー様へ


1なぜ今賃貸経営は専門家に委託す時代なのかをご説明いたします。

1良い管理会社はあなたの物件の価値をアップさせます。
賃貸住宅の価値を向上させる専門的知識や技術をもつ管理会社に業務を委託することによって、経営上発生しうる様々な事故やリスクの回避が可能になります。 また「質の高い管理サービス」は家賃下落のリスク軽減や長期入居にもつながり結果的に物件価値をアップさせることになります。

2オーナー、入居者のいずれにも偏らない公平な立場で業務にあたる知識の必要性の高まり。
誰もがインターネット上で賃貸契約や退去時の原状回復に関する情報を容易に検索できる時代です。
一般の方でも賃貸に関する知識は十分にお持ちであり、対応する側としても宅建業法やガイドラインに基づいた的確な業務の遂行が求められます。コンプライアンス(法令順守)の時代、常に知識を継続して蓄積している「管理のプロ」への期待が高まっています。

3空室率の上昇(賃貸住宅経営は量的競争から質的競争の時代へ。)
「ただ建てればいい。」という時代ではなくなったことは周知の事実です。これからは人口の減少により賃貸住宅は供給過剰になってゆくことが避けられず、入居者ニーズやライフスタイルの変化を常に把握する必要があります。例えば「防犯対策」や「インターネット環境」等を考えましても、オーナーが一人で導入を検討するには情報が多すぎて困惑されるのではないでしょうか。よって常に入居率のアップに向けて「原因」と「対策」を的確にアドバイスしてくれる頼れるパートナーが必要であると思います。

4「投資ファンド(リート)」の賃貸住宅経営参入による影響
「投資ファンド(リート)」の賃貸住宅経営への参入によりビジネスモデルが大きく変化しています。
「相続した土地の有効活用のため副業的に賃貸住宅を建てられている個人オーナー」が「賃貸適地を吟味し事業として物件価値の最大化を目指しているプロ集団である投資ファンド」に立ち向かうことは容易ではありません。この点からもオーナーにとって頼りになるのはやはり「管理のプロ」である管理会社です。


以上 14でご説明した理由等により賃貸住宅経営における「所有(オーナー)と経営(管理会社)の分離」は時代の流れとも言えます。
特に今お困りのことがございましたら、管理会社に委託されることもご検討をされてみてはいかがでしょうか?

2ハウスプロメインの管理はここが違います。

1ハウスプロメインは賃貸管理一本で30年の経験と実績があります。
ハウスプロメインは賃貸管理専門会社として昭和59年に創業以来、管理のエキスパートとして30年の経験と実績があります。オーナーにとっては初めての経験で頭を悩まされる管理上の諸問題や事故等も、ハウスプロメインでは一通り過去に経験した上で、その対処方法についての蓄積があります。
参入障壁の低いこの管理業界は今、他業種企業等も相次ぎ新規参入しておりますが、この「経験」と「実績」は何にも代えることのできない当社の資産であり「信用の証」であると考えています。

2ハウスプロメインは兵庫県から「特定優良賃貸住宅指定法人」として認定されています。
特定優良賃貸住宅。略して「特優賃」は、3LDKなどを中心に、高齢者や障害者にもやさしい未来型住宅を増やすために、地方公共団体が指定した住宅管理法人が管理することを条件に、一般の土地所有者に国や地方公共団体の補助など、有利な特典を付け、その供給を進めていこうというものです。兵庫県では「兵庫県特定優良賃貸住宅指定法人等協議会(兵優協)」が、それにあたり、ハウスプロメインは、そのメンバーに認定されています。

3ハウスプロメインはオーナーからの
ハウスプロメインは宅地建物取引業協会をはじめとして、各業界団体に積極的に加盟し日々研鑽を積んでおります。特に「(財)日本賃貸住宅管理協会」では当社代表がこの兵庫県支部長を務めていることもあり、一企業の立場としてではなく、賃貸住宅市場全体の健全化に向けた活動を行っております。
また、この協会の制度である「預り金保証制度(注1)」にも加入することで、年1回の審査を通じて経営の健全性、安全性についても客観的な評価を得ています。
*注1 「預り金保証制度」とは・・
管理会社の不測の事態発生時にオーナーの預り金を保証する制度です。国の補助事業でもあるこの制度は、加入時に第三者機関である保証制度審査会(公認会計士・弁護士・大学教授等で構成)の行う審査をクリアする必要があり、また1年毎に再審査・更新手続が必要です。この制度への加入は管理会社の“経営の健全性"を判断する目安のひとつになります。
(財)日管協 預り金保証制度加入
↑詳しくはコチラ


4最後に…ハウスプロメインは「当たり前のことを当たり前にやる」会社です。
管理業とは他の製造・販売業のように新たな価値を生むのではなく、何か問題が発生した場合にそれを元の平穏な状態に戻す業務、言い換えれば「ゼロからマイナスになったものをまたゼロに戻し、そして引き続きゼロの状態を維持継続してゆく業務」がその大部分を占める大変地味で縁の下の力持ち的な仕事です。
上記に言う「ゼロ」の状態とは「何の問題も無い平穏・安定した”当たり前の”状態」であります。しかしそんな「当たり前の状態」は「当たり前」のことを「当たり前にやる」ことを延々と継続し続けることでしか実現し得ません。
そんな「ゼロ」の状態(=オーナーに何も報告することが無い状態)を維持することが最高のサービスであるとハウスプロメインは考えます。


3ハウスプロメインの管理メニューをご紹介します。

トータルシステム管理とは?スーパーサブリース(一括借上)システムとは?

トータルシステム管理
ハウスプロメインがオーナー様に代わってトータルな業務・管理。オーナー様に安心の賃貸経営をお約束します。
詳細は別紙にて取り交わす「建物管理委託契約書」によりますが、大きくは次の6つの項目が
トータルシステム管理のメインの業務となります。

STEP1 入居者募集の業務

■家賃査定
市場調査の上、適切な家賃査定を致します。また、賃借人情報の調査や必要書類の提出依頼及び連帯保証人へ保証意思の確認等を行ないます。
■入居者募集
募集図面の作成の上、協力不動産会社との連携などによって幅広い募集活動を行います。
■ネット掲載・看板設置
インターネット掲載(自社ホームページ・レインズ・その他物件検索サイト)、現地看板設置等を行ないます。
■契約業務
オーナー様に代わり、契約業務の代行(賃貸借契約書の作成から部屋の引渡しまで)を行ないます。
■保険加入
賃借人及び同居人の家財に対する保険加入の手続き全般を行います。

STEP2 賃料・敷金等の代理受領及び支払い業務

■集金代行
賃料は口座振替・持参支払・振込等により、集金を代行致します。
(金融機関とオンラインにより、リアルタイムに入金確認を行っております。)
■オーナー口座へ振込み
集金した賃料は月次オーナーご指定の口座へ送金致します。
(その送金の詳細内容は、「お支払明細書」にてご確認頂けます。)

STEP3 契約改定業務

■契約改訂業務
賃借人との賃貸条件改定協議の代行を致します。改定が確定すれば「条件変更の覚書」の作成を行ないます。

STEP4 解約・明渡し業務

■解約・明渡し業務
退去立会、明渡しの確認と鍵の受領の代行を経験・知識の豊富なスタッフが行います。(原状回復の貸主および借主との協議調整により、敷金から改装費、未入家賃等を精算した「退去報告書」を作成・送付します。)
■価値を維持する為の改装計画のご提案
入居者のニーズや物件の価値を維持する為の改装計画をご提案します。また改装完了後には完了最終チェックを行います。

STEP5 入居者管理業務

■督促業務代行
賃料不払者に対しては督促状・内容証明の発送、戸別訪問等の方法により支払い督促業務を代行します。(また、あわせて当社提携の保証会社利用による未回収リスクの低減手法についてもご提案します。)
■トラブルへの対応
「長期不在者への対応」「各種連絡文の配布」「有害行為に対する措置」「近隣トラブル対応」等、様々なケースに当社の管理スタッフが速やかに対応します。
■クレーム対応・メンテナンス
入居者からのクレームには、当社のメンテスタッフが修理・工事(内容によっては手配)を致します。(当社の業務時間外も24時間緊急電話での受付をおこないます。)
■鍵の保管・管理
お預りした建物の鍵を保管・管理致します。また、ピッキング対策として鍵交換等行います。

STEP6 建物・設備・敷地の管理業務

■月1回の定期巡回
月1回の定期巡回(定期清掃・植栽・空室の状態チェック、共用灯の電球交換等)の上「巡回報告書」を作成いたします。
■法定点検
法定点検(貯水槽検査・エレベーター点検・消防設備点検等)の関係業者への手配、必要に応じ立会い、監督を行います。

アパート、マンションオーナー様に安全、安定、安心な賃貸住宅経営をご提供する一括借上家賃保証システムです。
新築物件で最長35年(中古物件は物件によって異なる)、ハウスプロメイン提携会社が一括借上を行うシステムです。尚、日々の入居者・建物管理等は上記「トータルシステム管理」(一部の項目を除く)をもって行いますのでご安心下さい。

↓損害保険のバックアップもある「スーパーサブリース」の詳細のご説明はこちらです
アパート経営/マンション経営に一括借上家賃保証スーパーサブリース


ハウスプロメイン独自の入居募集システムとは
ハウスプロメインの入居募集システムはオーナーと当社間での「専任媒介契約」の締結をした上で、地域の複数のパートナー業者へその情報を速やかに発信することでスタートします。そのメリット(特徴)を「オーナー」「仲介業者」の視点からご説明いたします。

オーナーのメリット1複数の業者に空室の情報が均一に広がる
ハウスプロメインの入居募集システムでは複数の仲介業者がその空室情報を把握することになります。空室募集を一社のみで行うケースも当然ありますが、入居者も多様化しておりその一社に来店されるお客様の数だけではなく、幅広いネットワークで募集することで早く申込みを受けることができるとハウスプロメインは考えます。

オーナーのメリット2管理をメインとする会社が入居募集を行うこと
オーナーの大事な顧客である入居者は、オーナーの代理人である当社にとっても同様に大切なお客様です。管理会社として我々はいつもオーナーの目線で適正な入居募集を行うことを心がけるようにしており、「とにかく入居優先」といった考えは持ち合わせておりません。
ただし、当社も当然空室分の管理料は頂戴できず、常にオーナーの利害を共有する形で空室充足に日々取組んでおります。

仲介会社のメリット1複数の空室情報をハウスプロメインが集約化する
仲介会社にとっては個別オーナーの物件を取扱うよりも、中央集約的にまとめられたハウスプロメイン空室情報を一挙に取得するほうが、当然効率がよくなります。

仲介会社のメリット2空室情報の確認の容易さに
仲介業者はインターネットによる「24時間空室確認システム」により当社の休日や夜間であっても空室確認を行うことが可能です。また、このシステムではカラー物件資料が様々な形式でダウンロードできたり、外観写真や間取り図面を自由に取り込むことができる工夫をしており、仲介業者の取引コストを削減することができます。

仲介業者のメリット3「契約の流れ」等の均一化による取引コスト削減のメリット
「契約の流れ」や「契約書等諸々の書式」を均一化することによって、「ハウスプロメイン管理物件の契約の流れ」が確立されています。これは仲介会社にとっても、その都度新たに確認や理解をする必要がなくなり、継続して当社と取引をすればするほどその効果を発揮します。
また、成約時には仲介会社に「広告料」を支払うサービスを提供しています。



お申込み・お問合せは下記までお気軽にどうぞ。
株式会社ハウスプロメイン 三宮営業所TEL078-222-0868 西宮営業所 TEL0798-36-0678










会員ログイン
会員番号 パスワードを忘れた場合
パスワード  
キーワードから検索
エリアから探す
大阪・京都・奈良 川西・宝塚 伊丹 尼崎 西宮・芦屋 北区・三田 灘・東灘・中央区 兵庫・長田・須磨区 垂水・西区 明石 加古川・高砂・姫路 小野・三木 加東・西脇
こだわり条件で探す
敷金・礼金O円ペットOK特優賃新築物件
コンテンツ リンク集
(公財)日本賃貸住宅管理協会(公財)日本賃貸住宅管理協会/預り金保証制度のご案内外国人の賃貸住宅探しをお手伝い ウェルカム賃貸兵庫プロメイン相続サポートセンター日本管理センター アパート経営に家賃保証スーパー サブリースハウスプロメインブログ

このページのトップ(上)へ

© Powered by Fudoukun