新型コロナウイルス感染症による賃貸市場への影響について | 西宮市周辺の不動産をお探しなら管理会社ハウスプロメインにお任せ下さい。

神戸・西宮の賃貸管理会社 プロパティマネジメントならハウスプロメインへ

【新型コロナウイルス感染症による賃貸市場への影響について】

 

「PMの重要性」では、賃貸経営にはパートナー(プロパティマネジメント会社)が必要不可欠と申し上げました。

 

そして今回の新型コロナウイルスの影響により、プロパティマネジメント会社も従来どおりの賃貸経営コンサルティングから、さらに次のステップへとコマを進めなければならなくなりました。

 

コロナ後、賃貸経営に大きく影響するものとして「在宅勤務の普及」があります。

 

では、在宅勤務の普及は今後の賃貸経営にどのような影響を与えるでしょうか?


今までどおり駅近の賃貸不動産に住む人、家賃が安い郊外の賃貸不動産に移り住む人、在宅時に快適に過ごせる賃貸不動産を求める人など、価値観の多様化が進むことになります。

 

高い家賃が見込めるからこそ、土地の値段が高い好立地の賃貸不動産を購入しても賃貸経営が成り立っていたのですが、このように価値観の多様化が進めば今後は好立地であっても高い家賃が取れるとは限らなくなります。

 

そして間違いなく言えることは、

 

「好立地」だけを武器にしている賃貸不動産は今後負けていく

 

ということです。

 

逆に、在宅勤務が普及すれば駅から離れた賃貸不動産にも需要が流れてくるかも?と思うかもしれません。

それについては肯定も否定もしませんが、何もせず勝手に需要が流れてきてその恩恵を受けられることはありません。

 

なぜなら「駅から遠い」「アクセスが悪い」ということには変りはなく、入居者も通勤のためだけに交通機関を利用しているわけではありません。

遊びに出かけたり、その他の用事であったりと、「駅近」の需要はコロナ後も残ります。

 

では今後、「好立地」または「それ以外の立地」で勝ち残っていく賃貸不動産とはなにか?

数年単位の短期間だけに絞れば正解があるかもしれませんが、長期間となれば正解はないに等しいでしょう。 

 

 


「世の中の変化に順応できる柔軟な経営能力」 を持ち 

 

「立地に頼らない魅力のある賃貸不動産」 へ変化していくこと

 

 これが今できる最善の策ではないでしょうか。

 

 

「世の中の変化に順応できる柔軟な経営能力」

 

船の舵取りと同じです。

 

目的地に向かって正しく進んでいても、時には大きな波が来ることもあります。強風にさらされることもあります。暗礁が目の前に迫ることもあります。

 

ようは何が起こっても「うまく舵捌きする」ための経験とロジック、情報力と判断力が重要です。

 

そのために「PM(プロパティマネジメント)」が必要不可欠です。

 

 

「立地に頼らない魅力ある賃貸不動産」

 

 

魅力ある賃貸不動産とは?

 

「魅力」とは人によって感じ方や捉え方が違いますので抽象的な言葉になりますが、

 

「入居者に優しい賃貸不動産」

 

が、分かりやすいのではないでしょうか。

 

もちろん家賃が安い賃貸不動産の事ではありません。

 

入居者にとって住み心地の良い物件づくりをしていくことが、今後賃貸経営を勝ち抜いていくために必要な要素ではないかと思います。

 

そのためには「プロパティマネジメントによる賃貸管理」が必要不可欠です。

当社は、昭和から賃貸管理を業とし、近年プロパティマネジメント会社へと変化を遂げてきましたが、今回のコロナ禍は賃貸経営にあっても大きな転換期ではないかと考えております。

従来の価値観を見直す時代がこれほどまでに加速して訪れることになるとは思ってもみませんでした。

 

今後も賃貸経営のパートナーとして、世の中の動きを把握し、過去の経験則と最新情報を基に、オーナー様へプロパティマネジメントを行っていく所存です。